整形 口コミ.com

整形 口コミ.com トップ > 人気の高い整形手術ベスト3 > 脂肪吸引 > 脂肪吸引の整形のメリットとデメリット

人気の高い整形手術ベスト3

脂肪吸引の整形のメリットとデメリット

ベイザーリポのメリットとデメリット

整形外科で最新の脂肪吸引手術

整形外科で最新の脂肪吸引です。カニューレといわれる細い管を皮下脂肪に挿入し、超音波の振動で脂肪細胞を分解していきます。分解した脂肪細胞は、そのままカニューレで吸引出来ます。超音波の振動を利用することにより、血管を傷つけることなく出血を抑え、皮膚にたるみも出にくくなるのです。この手術は整形外科の医師の技術によって結果が変わります。十分な技術が無いと、皮下脂肪を全て取ることが出来ず残ってしまい、皮膚にデコボコが出来てしまうことがあるのです。整形外科を探す際は、技術や知識のある医師を探すことが大切です。

ボディジェットのメリットとデメリット

理想の「綺麗な形の鼻」に近付ける美容外科の手術

美容外科で行われている小鼻部分を小さくする方法は、「小鼻縮小」という整形が主流です。手術方法は、鼻の穴を少し切開し、糸で縫い合わせて小鼻を小さくするというものです。鼻の大きさが目立つ場合は、鼻の外側部分を切開するということもあります。小鼻部分をシュッと細くでき、半永久的な効果が期待出来る小鼻縮小の整形ですが、病院の医師の技術次第で、仕上がりが大きく左右する手術でもあります。不自然な鼻の形になったり、左右で鼻の形が異なったりすることも考えられるため、経験豊富な医師を選択して手術をすることが大切です。

スマートリポレーザーのメリットとデメリット

短時間で治療が出来る脂肪吸引

引き締めたい箇所の脂肪を、簡単に除去することが出来る方法です。約10分~30分の間で手術を終えることができ、すぐに普段の生活を送ることが出来ます。治療では、レーザーの光で脂肪細胞を分解し、脂肪を排除しやすい状態を作ります。脂肪細胞を減少させることは出来ますが、1度で大量の脂肪を除去することが出来ないため、脂肪吸引とスマートリポレーザーを組み合わせることもあります。治療後は痛みや腫れ、出血の症状が出る場合もあります。1週間ほどで落ち着きますが、効果を実感するまでに1ヶ月程度かかるため、即効性はありません。

チューメセントのメリットとデメリット

整形外科で一般的な脂肪吸引の方法

整形外科の脂肪吸引の手術は、以前まで輸血が必要でした。それが、チューメセントが開発されてから、輸血しなくても脂肪吸引をすることが可能になったのです。この手術では、吸引を行う前に脂肪細胞を脆くする薬液を注入します。こうすることで、脂肪細胞を多く除去することができ、出血や腫れ、皮膚のデコボコを抑えることが出来るのです。しかし、医師の技術によってこういった症状が出てしまう場合があります。最近では、チューメセントの知識を持っている医師が少ないため、脂肪吸引の経験が長い医師に依頼する必要があります。

PageTop