整形 口コミ.com

整形 口コミ.com トップ > 人気の高い整形手術ベスト3 > 鼻の整形 > 鼻の整形のメリットとデメリット

人気の高い整形手術ベスト3

鼻の整形のメリットとデメリット

隆鼻術のメリットとデメリット

低い鼻でも、美容外科の整形で簡単に変えられる

美容外科で行われている隆鼻術には、「プロテーゼ挿入」や「ヒアルロン酸注入」「アクアミド注入」といった方法があります。プロテーゼ挿入は、自分好みの鼻に高さを調整出来ます。鼻筋だけ変えたい人は「I型のプロテーゼ」を、鼻全体の形を整えたい人は「L型のプロテーゼ」が適しています。ただ、美容外科で治療を受けた後、長期的に装着することで「皮膚が薄くなる」「プロテーゼが飛び出てくる」ということもあります。「ヒアルロン酸注入」や「アクアミド注入」は短期間で高い鼻を得られますが、体内に吸収されるため定期的に病院に行く必要があります。

小鼻縮小のメリットとデメリット

理想の「綺麗な形の鼻」に近付ける美容外科の手術

美容外科で行われている小鼻部分を小さくする方法は、「小鼻縮小」という整形が主流です。手術方法は、鼻の穴を少し切開し、糸で縫い合わせて小鼻を小さくするというものです。鼻の大きさが目立つ場合は、鼻の外側部分を切開するということもあります。小鼻部分をシュッと細くでき、半永久的な効果が期待出来る小鼻縮小の整形ですが、病院の医師の技術次第で、仕上がりが大きく左右する手術でもあります。不自然な鼻の形になったり、左右で鼻の形が異なったりすることも考えられるため、経験豊富な医師を選択して手術をすることが大切です。

鼻先修整のメリットとデメリット

ダンゴ鼻の改善法は病院で手術を受けること

「鼻尖縮小術」は美容外科で行われている鼻先修正の治療法です。鼻先の余分な脂肪や軟骨を除去するため、ほぼ永久的な効果が見込めます。ダンゴ鼻で悩んでいる人は、病院で鼻先修正の手術を受けるのが好ましいです。この手術には「切る整形」と「切らない整形」の2つあり、切る整形を受けることで効果の持続が期待出来ますが、その反面、傷跡が残る心配や鼻先の形が思い通りにならないこともあります。糸を使う鼻先修正は、切開しないため肌への負担が少ないですが、効果の持続を考えると定期的に美容外科へ通い治療を受ける必要があります。

ワシ鼻修整のメリットとデメリット

魔女みたいに尖った鼻は病院の手術で修正

美容外科では、ワシ鼻修正の手術として、「ハンプ切除」が行われています。この整形は、鼻の「ハンプ」といわれる骨部分を「切除」または「削る」という方法で手術を行います。整形に要する時間は約30分とそれほどかからず、手術を受けたその日には病院から帰宅出来ます。ワシ鼻修正は、一度手術を受けただけで長い期間効果が持続する整形です。ただ、術後に整形箇所が腫れるため、病院から帰宅してしばらくの期間は、安静に過ごすのが一番です。人によっては痛みを感じることもありますが、美容外科でもらえる「痛み止め」で改善出来ます。

PageTop