整形 口コミ.com

整形 口コミ.com トップ > 人気の高い整形手術ベスト3 > 二重 > 二重整形のメリットとデメリット

人気の高い整形手術ベスト3

二重整形のメリットとデメリット

埋没法のメリットとデメリット

メスを使用せずに、しっかりとした二重になれる

埋没法は、まぶたへの負担が軽く、またリーズナブルであることから、美容整形外科で人気の高い二重整形です。まぶたと筋肉を糸と針で留めるので、メスを使用しません。そのため、目を閉じても、手術の傷跡が目立たないので、バレない二重整形が実現します。その反面、整形手術から数年経過すると、縫い合わせた糸が外れて元に戻ってしまう恐れがあります。まぶたが薄い場合は、長期に渡って維持出来ることもありますが、腫れぼったいまぶたは、元に戻りやすい傾向にあります。そのため、美容整形外科で医師としっかり相談してから治療を行うといいでしょう。

切開法のメリットとデメリット

元に戻りにくい二重まぶたを手に入れる

美容外科で提供している切開法は、理想としている二重ラインに沿って切開を行い、脂肪を取り除いて縫い合わせる美容整形です。しっかりとした跡をつけることができ、半永久的な二重の維持が可能なので、一重に戻ってしまうことはほとんどありません。また、腫れぼったいまぶたである場合は、溜まっている脂肪を取り除くのでスッキリとした目になれます。なお、メスを必要とする手術なので、手術直後からしばらくは、傷による腫れやむくみが続いてしまいます。治まるまでに約1週間かかってしまうので、周囲に美容整形がバレてしまうリスクがあります。

目元形成のメリットとデメリット

違った印象の目元に変えられる

美容外科の目元形成には、「目頭切開」や「タレ目形成」、「グラマラス形成」など、様々なタイプのプランがあります。美容外科で目頭や目尻を切開することで、目を大きく見せたり、印象を変えたりすることが出来ます。これらの手術には、『印象的な目になりたい』、『優しい目になりたい』という思いで選ぶ人がほとんどです。しかし黒目が小さい場合は、これらの手術を受けることで三白眼になり、かえって怖い印象を与えてしまう場合もあります。美容外科でのカウンセリングで、手術後のイメージをきちんと確認してからプランを組んでいくと良いでしょう。

眼瞼下垂/たるみ取りのメリットとデメリット

垂れ下がったまぶたを正しい位置に戻す

眼瞼下垂は、まぶたの筋力が弱くなっているため、目を上手く開けられずに、まぶたが垂れ下がっている状態を指します。美容外科の眼瞼下垂治療やたるみ取りでは、垂れ下がったまぶたを切開し、筋肉を縮める手術を行います。まぶたを引き上げる力が向上するため、垂れ下がっている状態を改善出来ます。しかし、今まで眼球をまぶたで覆っていた部分が、手術によって表面に出てきてしまいます。そのため、眼球が外の空気に慣れずに、乾燥しやすく、ドライアイになってしまう恐れがあるので、目薬やその他の薬品などによるケアが必要です。

PageTop